職場をスマートに!仕事が変わる5つのビジネスガジェットを紹介

仕事に欠かせないデシタル情報。

どんどん増えていく情報をスマートに処理するために活用したいビジネス系デジタルガジェットを集めました。

「デジタルペーパー」や「名刺スキャナー」「モバイルスキャナー」「スマートパッド」「ポメラ」など、ビジネスマン注目のデジタルガジェットを紹介します。

アナログーデジタルの融合がビジネスガジェットの潮流

紙の書類や名刺などアナログからデジタルに変換するために必要な機器などが増え続けるオフィスを、よりスマートにするためにも是非活用したいガジェットばかりです。
できるビジネスマン必見です!

ソニー デジタルペーパー DPT-RP1

13.3型フレキシブル電子ペーパーを搭載したA4サイズのデジタルペーパーです。

この「デジタルペーパー DPT-RP1」は、PDFをの表示と書込みに特化したデバイスです。

最大の特徴はとにかく軽いこと
重量は約 349gで、同じようなタブレットと比べると、圧倒的に軽く、持ち歩きや取扱いやすい重量になっています。

付属のスタイラスペンを使って、PDFへの書込みが可能になっています。書き味もかなりスムーズで実際に紙に書くのとかなり近い感覚です。

先代モデルではなかった、Wi-FiやBluetoothも搭載しているので、パソコンやスマホとのデータのやり取りもかなり便利になっています。

書類のチェックなどで、今まで紙に印刷していたものをこのデジタルペーパーに置き換えることが十分に可能な動作性なので、オフィスのペーパーレス化に一役買ってくれるかもしれません。

片手で持っていても疲れない軽さと、書き心地の良さで実用的には抜群のアイテムですか、お値段がちょっと・・・

スマートなビジネスマンを目指すなら是非活用したいガジェットです。

サンワサプライ 名刺スキャナー 400-SCN051

名刺の管理はビジネスマンにとって永遠の課題です。
増え続ける名刺をいかに管理し、いつでもすぐに見つけられる環境を作るか。
みなさんも頭を悩ませているのではないでしょうか。

そこで活躍するのが名刺スキャナー400-SCN051」です。

コンパクトな本体で名刺はもちろんA6サイズの書類まで読み込みが可能です。
デスクの上に置いておいても邪魔にならないコンパクトなスキャナーです。

もちろん名刺管理ソフト「Plustek MobileOffice A6 Simplex Series」「Presto! BizCard 6」も付いているので、取り込んだデータはPCで簡単に管理することができます。

小型で持ち運びやすく、ドライバさえ入れておけば複数台で使用可能なので、職場に一台あると職場全体の名刺管理が一気にスマートになります。

名刺の整理はその日に終わらせる!
そのためにも一台あると便利な名刺スキャナーです。

FUJITSU スキャナー  ScanSnap iX500、ScanSnap iX100

打ち合わせ書類や領収書など、オフィスではどんどん書類が増え続けていきます。
書類を溜め込んでどこにしまったかわからなくなる前に、デスクの上でさっとデジタルデーター化。
これがスマートなビジネスマンの姿です(^ ^)

オフィスのデスクに置くなら、ハイスピード・高機能「ScanSnap iX500」がオススメ。

EverNoteとの連携や名刺管理、スマホとの連携など、機能的な面ではすべで兼ね備えています。

書類をたくさん処理する必要のある場合は「ScanSnap iX500」です。

出張などが多く外出先にもスキャナーを持っていくことがある場合は「ScanSnap iX100」

コンパクトなモバイルスキャナでありながら、高速読み取りやクラウド連携も可能な優れものです。

Wi-Fi機器と連携も可能なので、ダイレクトにスマホやタブレット、PCで利用することができます

モバイルでありながら性能的にもかなり良いものなので、オフィスのデスクに置いて利用することも可能です。
本体はかなりコンパクトなので、デスク周りもスッキリおさまります。

ワコム Bamboo Folio/Bamboo Slate

紙に書いたメモやスケッチがあっという間にスマホやタブレットに保存できるのが「Bamboo Folio/Bamboo Slate」です。

まずはこの動画を観てください!

欲しくなっちゃいませんか f^ ^;;

タブレットでも同じような機能が使えますが、なぜBamboo Folio/Bamboo Slateなのか?
それは、紙に手書きの方が自然だからです。
ApplePencil+iPad Proの組み合わせもかなり自然な書き心地になってきていますが、実際に紙に書くのに比べると若干の違和感が残ってしまいます

頭の中のことを自然に表現するためには、やはり紙に直接描く以上の方法はないようです。

書いたメモやスケッチはWacom Inkspaceアプリで、メモやスケッチの整理・編集・共有をおこなうことができます。

Dropbox、Evernote、 OneNoteなどのクラウドサービスとの連携も抜群です。

デジタルガジェット好きにはたまらない魅力がいっぱいのワコム Bamboo Folio/Bamboo Slateでした。

キングジム ポメラ DM200

 

ポメラ DM200」はテキスト入力に特化したデジタルメモです。
ポメラシリーズの6代目となります。
文書作成が多いビジネスマンにとっては活用したいデジタルガジェットの筆頭です。

サイズは幅263×奥行き120mm、折りたたんだ時の高さは18mm重量は580gです。
7型ワイドの液晶画面とキーボードが折りたためる小さなノートパソコンのような形状です。
キーピッチは横約17mm、縦約15.5mmと打ちやすいキーボードです。

リチウムイオンバッテリー搭載で、最長駆動時間18時間とかなり長いのも嬉しいポイントです。
5V 1.5A以上のモバイルバッテリーでも充電可能なのでいざとういうときも安心です。

起動時間も早く、すぐに文字入力が可能になることや、文字入力中の動作速度もキビキビとしていて、文章入力に集中できるスピード感も人気の理由です。

日本語入力システムはATOKを採用しているので、変換性能も申し分なしです。

いつでもどこでも快適な文章入力環境を得られる「ポメラ DM200
一押しのデジタルガジェットです!!

デジタルガジェット大好きな人にはたまらないアイテムがいっぱいですが、どれも実用的なガジェットばかりです。
アナログとデジタルの融合は今後のビジネスシーンでの大きなテーマです。
便利なガジェットをスマートに使いこなして、バリバリと仕事をこなしていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました