iOS11の新機能でiPhone、iPadはどう変わる?

iOS11がリリースされました。

今回はあまり派手な機能の追加はない印象ですが、細かな部分の使い勝手が格段に良くなっています。

地味ではありますが知っておくと絶対便利な新機能を紹介します。

iPad⇒iPhone⇒共通の順に紹介していきます。

目玉はiPadの機能追加!iPadユーザーはアップデート必須の機能が満載

今回のアップデートでは、iPhone/iPadどちらにも新機能が追加されていますが、特にiPadユーザーに嬉しい新機能がたくさんあります。
iPad Air 2やiPad Pro、iPad(第5世代)ユーザーは、このアップデートだけでも格段に使い勝手が良くなると思います。

【iPad】「QuickTypeキーボード」で数字や記号の入力が格段に効率アップ

iPadのキーボードに新機能が追加されました。
それが「QuickTypeキーボード」です。
これは、キーボードの上部に数字や記号が追加され、キーボードの切替が不要になるという機能です。
記号や数字をキーボードの切り替え無しでできるのは超便利です。

【iPad】コピペがドラッグ&ドロップでできちゃう

これまた非常に嬉しい機能です。
Split Viewで画像や文章をドラッグ&ドロップでコピペができるようになりました。

【iPad】Dockから簡単にAppをSlide OverやSplit Viewに

Dockにあるアプリを上部にドラッグすると、Slide OverSplit Viewに移行できます。
Dock自体も今回のバージョンアップでかなり使いやすくなっているので、本当にPCが要らなくなるのではないかという勢いで便利になってます。

【iPad】ロック画面をApplePencilでタップするとメモができる

実はこの機能待ち望んでました。
ペーパーレスで仕事をしたいと思ってiPadProを買ったのですが、電話の時のメモやふと思いついたことをメモするときに、このロック解除が地味に手間でした。
個人的にはとてもありがたい機能です。

【iPhone】iPhoneは片手用キーボードに対応しました!

iPhoneのサイズがどんどん大きくなってきたことで、片手入力ができない!という意見が多くありました。
他社のキーボードアプリを使えば対応可能でしたが、今回標準キーボードでも片手配置が可能になりした。

その他の機能のカスタム性もあり、「片手キーボードPRO」を使っているので、個人的にはあまり影響はありませんが、特に女性などで画面が大きすぎて手が届かないという人には嬉しい機能ではないでしょうか。

iPhoneでの文字入力が劇的に快適になるアプリ2つを比較!

【iPhone】コントロールセンターのカスタマイズでより使いやすくなりました

この機能はiPhone/iPad共通ですが、iPhoneでの操作性アップの意味合いが大きいかなと思ったので、iPhoneで紹介します。

今までは設定画面で行っていた、「低電力モード」や「インターネット共有」の設定が、コントロールパネルからできるようになりました。

見た目もシンプルになっていろいろな機能にアクセスしやすくなりました。

【iPhone/iPad】画面の操作を録画できる画面収録を搭載

iPhone/iPad共通の新機能として注目されるのが、画面収録です。
これは、iPhone/iPadの操作状況を録画できるアプリです。

人に遠隔でiPhoneの操作を教えたい時や、ブログなどで操作感をレビューするときなどに便利かもしれません。

この画面収録はコントロールパネルからも起動することがてきます。

【iPhone/iPad】「ファイル」でiPhone/iPad/Macのファイル共有がより簡単に

iOS11から搭載された「ファイル」は、iPhone/iPad/Mac間でファイル共有ができるアプリです。

Macでファイルを共有するには、FinderにあるiCloud Driveにファイルをドラッグ&ドロップすれば、iPhoneやiPadで共有することができます。

【iPhone/iPad】スクリーンショットを撮ったら即編集

スクリーンショットの機能も少し進化しています。
スクショを撮ると、画面の左下にサムネで表示されます。
それをクリックすると、すぐに編集画面に。
文字を入れたり吹き出しをつけたり、拡大鏡まで付いてます。
そのままメールに添付もできます。

ちょっと編集のツールが使いづらいので、今まで通りSkichに送って加工するほうが良さそうですが。

拡大鏡は便利です(^^)

他にもまだまだあるiOS11の新機能!

以上、個人的に気になった機能をピックアップして紹介しましたが、iOS11の新機能は他にもたくさんあります。

・App Storeのデザインが新しくなった。
・Siriの声も表現力が豊かになった。
・Siriから“メモ” Appと連係して、To-Doリストやリマインダーの作成が可能に。
・カメラの“ポートレート”モードに、光学手ぶれ補正、HDR、True Toneフラッシュが追加された。
・写真とビデオのファイルサイズをほぼ半分に削減できるようになった。
・写真に9つのフィルタが追加された。
・カメラ撮影でQRコードを自動的に認識。
・Live Photosに“ループ”、“バウンス”、“長時間露光”のエフェクトが追加され、音を消したり、トリミングなどの加工が可能に
・写真でアニメーションGIFに対応。
・マップはダブルタップおよびスワイプにより、片手でズームが可能。
・運転中は自動的に通知を停止する機能が追加されました。
・Apple Pencilを注釈を入れたいところに置くだけで書き始めることができるようになりました(インスタントマークアップ )
・PDFを作成し、プリント可能なものすべてにマークアップすることが可能に。
・Apple Pencilをメモの本文のどこかに置くだけでインライン描画開始。
・メモのドキュメントスキャナ機能は書類の傾きを自動補正し、イメージフィルタを使用して影を削除できるように。
・メモで表機能に対応しました
・重要なメモをリストの一番上にピン固定が可能に。
・・・・・

などなど、気になる新機能が満載です。
使いながら追々試してみたいと思います。

今回のiOS11へのバージョンアップは、iOS10から大きく使い勝手を変えずに、よりスムーズに、ストレスフリーな操作ができるように改良されたものだと感じました。
iPadに関しては、本気でPCが要らなくなるのではないかというくらいの充実ぶりです。
より洗練されたiOSを是非お試しください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました