オーディオブックの聴き放題を比較!audiobook.jpがaudibleの半額だが・・・

オーディオブックの老舗「Febe」が「audiobook.jp」にリニューアルしました。
それと同時に定額制のオーディオブックの聴き放題サービスも開始。
オーディオブックの聴き放題サービスといえばAmazonが運営する「audible」以外、ほぼ選択肢のない状況でしたが、その状況に風穴を開けるべく「audiobook.jp」が参入してきたかたちになります。

ここでは、オーディオブック聴き放題の2大サービス「audiobook.jp」と「audible」の中身を比較して、どちらのサービスがより充実しているかを見ていきたいと思います。

オーディオブック聴き放題のaudiobook.jpのサービス内容は?

オーディオブックといえばFebeが有名でしたが、そのFebeが「audiobook.jp」にリニューアルしました。
有料会員サービスのメニューも一新し、サイトも新しくなりました。
そして、待望のオーディオブック聴き放題サービスも開始
新刊本やビジネス本が充実している「audiobook.jp」だけに、聴き放題サービスの内容も気になります。

「audiobook.jp」のサービス内容を簡単におさらい

audiobook.jpはオーディオブック制作・配信国内最大手の株式会社オトバンクが運営するオーディオブックの配信サービスです。

「audiobook.jp」は1冊ずつ購入するタイプのサービス

新刊のビジネス書や小説、落語など多数のオーディオブックを扱っており、品揃えではほかのサービスを圧倒しています。
基本的には聴きたいオーディオブックを1冊ずつ購入するタイプです。
月額会員になると、毎月ポイントがもらえるというお得なサービスもあります。

「audiobook.jp聴き放題サービス」は定額で聴き放題になるサービス

今回新たにサービスを開始した、「audiobook.jp聴き放題サービス」は、月額750円で1万冊以上のオーディオブックが聴き放題になるというサービスです。

使い方は簡単で、audiobook.jpのスマホアプリにある【聴き放題】タブに移動すると、そこに表示されるコンテンツはすべて聴き放題となります。
750円で1万冊以上のオーディオブックが聴き放題がとなるのはすごいことだと思います。

「audiobook.jp聴き放題」と「audible」どちらが充実しているか比較してみる

Amazonが運営する「audible」もオーディオブックの聴き放題サービスです。
「audiobook.jp聴き放題」と「audible」のサービスではどのような違いがあるか見てみましょう。

月額料金の比較

料金は「audiobook.jp聴き放題」が750円/月、「audible」が1,500円/月です。
「audiobook.jp」は「audible」の半額です!!
750円というと雑誌を1冊買う程度の金額です。
1500円でも新刊本1冊程度。
この金額で好きなだけオーディオブックを聞けるのはかなりお得です。

 

 

コンテンツの質を比較してみる

料金だけを見れば「audiobook.jp聴き放題」でいいかなと思ってしまいます。
しかし、問題は配信されているコンテンツの質です。
聴かないようなコンテンツがたくさんあっても意味はありません。
ということで、実際の内容について見てみます。

コンテンツの数については、「audiobook.jp聴き放題」が1万冊以上、「audible」は発表していないので正確なコンテンツ数はわかりません。
750円で1万冊ってかなり凄い!

しかし、実際にコンテンツを比較してみるとかなり大きな違いがありました。

「audiobook.jp聴き放題」はまだまだこれからのサービス

まず、「audiobook.jp聴き放題」のコンテンツは、まだまだ少なすぎるというのが正直な感想です。
ビジネス、自己啓発、小説、語学学習などどれをとってもまともな本を探すのが大変なくらいです。

そして、もうひとつ大きな問題が、検索などが使いづらいということです。
どのジャンルを検索しても出てくるのは、膨大な「東洋経済」と「瞑想」のコンテンツばかり・・・

正直、こんな雑なジャンル分けや見せ方ではサービス自体の質も疑ってしまいます。
もう少しユーザーのことを考えて欲しいと思ってしまうくらいです。
コンテンツが多くなればなるほど、検索のしやすさやサイトの見やすさは重要になります。
この使い勝手は早急に改善して欲しい点です。

ためしに「audiobook.jp聴き放題」に入ってみたのですが、残念ながら無料期間だけで解約しました。

「audible」はバランスよくコンテンツが追加されている感じ

audible」のコンテンツについては、充実しているという人もいれば、ぜんぜん足りないという人もいます。
実際、話題の新刊本などは「audible」にはあまりありません
かなり時間がたってから追加される感じです。
しかし、個人的には「audible」を一年以上使っていますが、悪くないという印象です。

良く聴くジャンルは、自己啓発、ビジネス、英語学習、小説などですが、どのジャンルもそれなりに聴きたい本があります。
もともとはやりの本をあまり追いかけないタイプなので、ちょっと前の本でも十分満足できています。

読みたかったけど結局読まなかった本などが追加されると、ラッキー!という感じです。
例えば又吉直樹さんの「火花」や「仕事は楽しいかね」などがそうです。
池上明さんの本がたくさん置いてあるのもかなりありがたい。

今の段階で両サービスのコンテンツの充実度を比較すると、完全に「audible」に軍配が上がるかなというところです。

 

オーディオブックは思ったよりも高くはない

以前のオーディオブックはかなり高いイメージがありました。
1冊1500円の本がオーディオブックだと倍の3000円位のときもありました。
それでも超多忙なビジネスマンなどはかなり以前から時間の有効活用のためにオーディオブックを活用していました。

しかし今は本を買うよりも安く購入できるようになってきています。
さらに聴き放題の「audible」なら1500円/月ですが、月に15冊以上聴いているので、1冊当たり100円程度。この程度の金額でこれだけのコンテンツが聴き放題になるのであれば、私の感覚では十分お得だなと感じます。

Huluなどの動画配信サイトはあれだけの動画が1000円/月程度なので、それに比べると高いと感じる人も多いかもしれませんね。
しかし、エンターテイメントの動画と知識のインプットのオーディオブックでは楽しみ方がまったく違ってきます。
一度オーディオブックを聴いてその魅力を感じることができれば、きっと高くないと思うようになるのではないでしょうか。

「audible」と「audiobook.jp」を上手に使い分ける

オーディオブックはまだまだこれからのジャンルです。
新刊の出るスピード感や価格そしてコンテンツの絶対数など、まだ一般的に広がるにはハードルが高いかなという感じがします。
しかし、ここ数年でオーディオブックを取り巻く環境はかなり良くなりました。
私も本格的に使い始めて約1年。
ずいぶんと生活の中になじんできた感があります。

私は「audible」と「audiobook.jp」を両方使っています。
しかも「audiobook.jp」は月額会員です。
何で両方と思われるかもしれませんが、両方の良いところをうまく使えば、かなりお得に使えるからなのです。

聴き放題なら「audible」、新刊本は「audiobook.jp」で購入がおすすめ

先ほども言いましたが「audible」は定額で聴き放題ですが、最新の新刊本はそれほどありません。
しかし、名著と言われるような本も沢山あったり、落語や小説、オリジナルコンテンツなどもあるので、聴くものがないと言う状況にはならないと思います。

しかし、やはり新刊本もしっかりおさえておきたい。
そんな時に「audiobook.jp」で、話題の新刊本を購入します。
しかも、40%オフや半額セール、まとめ買いセールなどを上手に利用すれば、本を買う半額くらいで購入できます。

「audiobook.jp」で購入する時の注意点

ただし、注意が必要なのは、「audible」でも「audiobook.jp」両方で扱っている本があると言うことです。
その場合は当然「audible」で聴けばよいのです。
「audiobook.jp」で購入する前には必ず「audible」で扱っていないかを確認してから購入するようにしています。

まとめ
新しくサービスを開始した「audiobook.jp聴き放題」ですが、現段階では+750円で「audible」を利用するのが賢明ではないかと思います。
「audiobook.jp聴き放題」は始まったばかりなので、これからコンテンツも充実してくるでしょうし、使い勝手も良くなるのではないかと期待しています。

「audiobook.jp」で実際に購入し手良かった本TOP5

「audiobook.jp」はFebeのころから使っていますが、半年間で35冊の本を買っていました。
そのなかからおすすめの5冊を紹介します。
途中で投げ出しそうな難しい本でもオーディオブックなら最後まで聴ける。
物語仕立ての本は、プロのナレーターが朗読するオーディオブックのほうが断然面白い!
そんな、オーディオブックの特徴を実感できる5作品を選びました。

1位 神さまとのおしゃべり -あなたの常識は、誰かの非常識-

著者 さとうみつろう

当たり前と思っていたことが当たり前ではなくなる。
既成の概念を根っこから覆す発想力。
ものの見方で世界はこんなに変わるんだと痛感する本です。

神様とみつろうの掛け合いが思わず笑ってしまうほど楽しく、オーディオブックに最適の本です。

続編の「悪魔とのおしゃべり」も面白いです。

2位 嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

著者 岸見一郎 古賀史健

アドラー心理学を物語を聴きながら学べる1冊です。
とても厳しくとても暖かい「アドラー心理学」。文章で読むとちょっと難しいところもありますが、オーディオブックなら意外とすんなり入ってきます。

聴きながら深く考えさせられる内容です。

続編の「幸せになる勇気」を聴けばさらにアドラー心理学を理解しやすくなります。

3位 サピエンス全史(上)(下)

著者 ユヴァル・ノア・ハラリ

大ベストセラーの「サピエンス全史」はかなりのボリュームで、途中で読むのを断念した人も多くいるようです。
オーディオブックであれば頑張らなくてもよめるので、途中で断念することもないでしょう。
内容的には人類の誕生から現代までの歴史を追いながら、歴史・文化・経済・宗教・産業についての洞察を展開していく内容の濃い名著です。

4位 影響力の武器[第三版]: なぜ、人は動かされるのか

著者 ロバート・B・チャルディーニ

多くのビジネスマンが絶賛する、マーケティングをする人は必ず読んでおきたい名著。
かなりのボリュームがあり、楽しく読める本でもないため、読破する自信のない人はオーディオブックがおすすめです。
このほかに実践編、戦略編があります。
セット購入のセール時にはかなりお得に購入できます。

5位 思考は現実化する―アクション・マニュアル、索引つき

著者 ナポレオン・ヒル

自己啓発書の原点。成功したい!と思っているなら是非1度は読んでおきたい名著です。
何度も聴いてこの考え方を自分のものにできれば、きっと夢は叶う。。。と思う。
今発売されているの自己啓発書は、結局ここにたどり着く、そんなすごい本です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました