これなら続けられる!iPhone日記アプリ 10年日記・My日記・瞬間日記」

今年こそ日記を付けるぞ!と思いながら、気がついたら書かなくなっていた・・・
という人、多いんじゃないでしょうか。

日記は続けることが大切ってわかっていてもなかなか続けられないものです。

そんなあなたにオススメの簡単なiPhoneの日記アプリ3本をご紹介します。

無理なく続けられる日記アプリをお探しの方はチェックしてみてください。

日記を書くことの具体的なメッリット

日記をつけるのがなんとなく良いことはあなたも感じていると思います。
では、日記を続けることで得られるメリットってなんでしょうか?
意外にその部分はボヤッとしている人も多いのではないでしょうか。

日記を続けることで得られるメリットをいくつか挙げてみましょう。

  • その時に感じたことを文章にすることで、客観的に捉えることができる。
  • 読み返すことで、自分の行動や思考のパターンが見えてくる
  • 自分の中にあることを吐き出そうとするため、頭がクリアになる
  • 自分の行動記録が蓄積されていくことで、自信を持てるようになる
  • 文章を書く習慣が付き、文章力が上がる
  • かけがえのない一日を振り返り、自分自身の成長・反省・明日への備えができる

1日はあっという間に流れていってしまいます。
いろいろなことをしたはずなのに、翌日になると何をしたのか覚えていない。
素敵な風景を見て感じたことも、あっという間に忘れてしまう。

私は、その瞬間に感じた気持ちを大切にするために日記をつけています。

日記はどうすれば続けられるのか?

では、どうすれば日記を続けられるのか?
日記を継続的に書いていくために必要なことを考えてみましょう。

何を記録として残したいのかをはっきりさせる。

日記は人によって何を書くのかは全く変わってきます。
その日に食べたものを記録しておきたいのか、ふと思った感情を残しておきたいのか。
あるいは様々の行動のログを記録したいのか。
文章で良いのか、写真も添付したいのか。

まずはなんのために日記をつけるのかを明確にしておきましょう。

日記を書くタイミングを大切にする。

日記は実際に書くタイミンが大切です。
たった1日のことでも、夜に自分の行動を全て振り返るのは結構大変です。
何してたかな?ってなることが結構あるのです。

毎日続けるためには、時間的な負担、精神的な負担を軽減することが大切です。

  1. ふと思いついた時にすぐに書く。
  2. 写真を撮ってすぐに添付する。
  3. 1日の最後にはそれをみながら振り返る。

そんな流れで記録を残しておくと、自然と日記は続くようになります。

最初は完璧を求めずに続けることを意識する

習慣化で必要なことは、とにかく続けることです。
習慣化するまでに必要な期間は3週間(21日)と言われます。
そこまで続ければ、その行動自体が当たり前になるということです。

しかし、最初からあれもこれもやろうと欲張ると三日坊主になるのは目に見えています。
まずはハードルをこれ以上ないくらい下げてスタートさせましょう。

日記で言えば、
・1行だけでも良いのでその日の感想をメモし続ける。
・とにかく一枚は日記アプリに投稿するなどです。

何日か続けていると、続ける意味や楽しさを少し感じるようになると思います。
そうなれば、習慣化は目前です。
慌てずに、欲張らず。
まずは3週間を目標に気軽に続けてみましょう。

日記の効果を実感するために、たまに読み返してみる

日記をつける最大のメリットは、過去の行動や感情を振り返ることができることです。

「あの時はこんなことを感じていたんだな」とか、「こんなお店に行ってたんだな」と振り返ることで、その時の景色や感情が蘇ってきます

それが、励みになったり自信になったりするのです。

その効果を実感することができれば、日記を継続させていくことが義務感ではなく楽しみに変わってくると思います。

日記を継続させるためのオススメ日記アプリ3選

前に書いたように日記を続けていくためには

  • アプリを開けば、すぐに日記を書ける
  • 過去の日記の一覧性が良い(見返しやすい
  • 写真が添付できる
  • 最初はできるだけシンプルな機能だけのアプリを使う

などが大切になってきます。

他にも、個人的な情報を思ったまま書くためにもセキュリティ機能も必要です。
パスコードは必需で、できればTouch ID対応だと手間がなくベターです。

もう一つiPhoneでの日記アプリで重要なのがパクアップの機能です。
iPhoneは水没や故障などでいつ使えなくなるかわからないリスクがあります。
何年間も書きためた日記が無くなってしまっては大変です。
クラウドなど外部のサービスやPCにバックアップが取れるアプリが良いでしょう。

この条件を満たした日記アプリを3つ紹介します。

どれも、レビューや口コミでも評価の高いアプリです。
ちなみに、全て無料のアプリです。

MY日記

シンプルで可愛いデザインが人気の「MY日記」です。

とてもシンプルな操作で、アプリを開いたらすぐに日記を書き始めることができます。

画像も1日に10枚まで挿入可能です。
フォトアルバム的な使い方もいいかもしれませんね。

パスコードの設定Touch IDにも対応しています。

書き忘れ防止の通知機能も付いているので安心です。

バックアップiCloudで可能になっています。
Wi-Fiに繋がっていれば自動でバックアップされます。
機種変更やスマホの故障などでも、過去のデータを復元することができます。

シンプルで可愛いデザインなので、女性向きかもしれません。

瞬間日記

瞬間日記」はカスタム性の高さが人気のアプリです。

瞬間日記では画像だけでなく音声や動画も添付できるので、利用範囲は高くなるかなと思います。
またハッシュタグの挿入ができるので、後からキーワードで検索するときなどに便利です。

デザインやスキンの変更もできるので、自分好みの表示にアレンジできます。

もちろんパスコードバックアップの機能もあります。
が、バックアップについては色々とややこしい部分があります

簡単に説明すると、完全にバックアップを取りたい場合は、プレミアムサービス(240円/月)になり、クラウドに保存する形になります。

そうすると、他の端末とも同期ができるようになり、ipadなどを使っている人にとってはとても便利な使い方ができるようになります。

無料でバックアップをする場合は、メールで転送PCに転送ということになりますが、画像などの転送に制限があったりします。

若干、分かりにくい部分があるため、個人的にはちょっと使いづらいかなと感じています。

ただ、多機能ではあるためしっかり日記を使いこなしたい人にとっては良いかもしれません。

使い方・設定次第ではとても便利な機能が色々と搭載されているので、一度使ってみてしっくりくれば、プレミアムサービスに入るのも決して高くはないかなと思うアプリではあります。

10年日記

次は私も長年愛用している「10年日記」です。

10年日記の最大の特徴は1ページで10年分を表示できることです。
5年前の今日はどんな日記を書いていたかが一目でわかるのです。

2年、3年と使っていくうちにこのアプリの素晴らしさを実感できるよになってくると思います。

過去のその日の自分が何を考え、何をしていたかがわかることで、新しい気づきや自分の成長を確認できます。

日記の機能としてはとてもシンプルです。
画像添付や場所・天気などの情報やタグもつけることができます。

基本的には1日4行程度で書いていく感じで使っています。
あれもこれもとは詰め込まず、自分が感じたことを簡単にメモしていく感じです。
それに写真を数枚添付することで、一覧表示の時にその時のことを思い出すきっかけになります。

この日記は10年後を見据えた日記なので、シンプルに長く続けていくことが何よりも大切になります。

写真添付に枚数制限はないので、子供の成長記録をつける日記などにも向いていると思います。

いろいろな日記アプリを試してみて、やはりシンプルで、続けることのメリットを感じやすいということが大切かなと思っています。

その点でこの「10年日記」はかなりオススメの日記アプリです。

 

 

日記は続けることが何よりも大切であると同時に最大の障壁でもあります。
最初はあまり完璧を求めずに、シンプルに日記をつけていく習慣を身につけることが大切です。
いつでも手元にあるスマホは、日記をつけるデバイスとしては最適ではないかと思います。
ここで紹介したアプリはどれもシンプルな操作性なので、気軽に日記を始めるには最適なアプリだと思います。
2年後、5年後の自分に「今の自分はこんなことをやっているんだよ!」と報告するような気持ちで、楽しいことや感動したことを日記に残しておけるといいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました