OCR機能搭載のスキャンアプリはどれを選ぶ?3大人気アプリを比較!

書類をPDFや画像にして残しておきたい!
そんな時に便利なのがスキャンアプリです。

最近ではOCR機能を搭載したスキャンアプリも多く出てきています。
OCRがあれば、文書内の文字検索が可能になるため、デジタルで管理する上では一気に便利になります。

ここでは、OCR機能の付いたスキャンアプリ3本を比較して、どのアプリがオススメかを検討して見たいと思います。

比較するアプリは「CamScanner」「Adobe Scan」「Office Lens」です。

アプリの使い勝手やOCRの精度、データの扱いやすさなどを比較していきます。

OCR機能搭載のスキャンアプリを利用すると何が便利なのか?

iPhoneのスキャンアプリは、文書や名刺の写真を撮るだけで、PDFとして保存できるデジタルスキャナーです。

受け取った書類をその場でスキャンし、EverNoteやDropBoxなどに保存できるので、ビジネスシーンではかなり重宝するアプリです。

さらに、最近のスキャナーアプリにはOCR(光学式文字認識)機能を搭載しているものも出てきています。
以前のOCR機能は識字率もかなり低く使い物にならないものばかりでしたが、今のスキャナーアプリはびっくりするくらい識字率が高く、ビジネスでも十分に実用的なレベルとなっています。

OCR処理をすることでどのようなメリットがあるか?

スキャンした画像データがOCR処理されると、文書の文字がテキストとして認識されるようになります。
つまり、紙の文書があっという間にテキスト文書に変換されるということです。

文書がテキスト化されると、ファイル検索がとても早くできるようになります。
EverNoteなどに保存したOCR化されたファイルは、内容も全てテキストとして認識されるため、文書内に検索キーワードがあればすぐに目的の文書にたどり着くことができます。

また、Adobe Acrobat ReaderなどのアプリでOCR済みのファイルを開くと、文書内の検索も可能になります。

紙の書類から特定のキーワードを探し出すのはかなり大変ですが、OCR処理されたPDFであればそれが一瞬でできてしまうのです。

そのほかにも、私がよく利用するのが、文書の読み上げです。
打ち合わせ前の移動時間などに、打ち合わせの資料を確認するときなどに重宝しています。
紙の資料をスキャンアプリでOCR化し、テキストを「VoiceDream」という読み上げアプリに取り込み、それを音声で聞くという流れです。
耳からの情報は記憶にも定着しやすいので、資格試験などの勉強でも使えます。

このように、テキスト化されたPDFはとても扱いやすく、使い回しが可能になるのです。

ここから、OCR機能搭載のスキャンアプリ「Adobe Scan」「Office Lens」「CamScanner」の特徴を説明していきます。

Adobe発!無料OCRスキャンアプリ「Adobe Scan」

あのAdobeから2017年6月に提供開始された無料のOCR機能付きスキャンアプリが「Adobe Scan(アドビスキャン)」です。

Adobeの最新画像技術を使ったスキャンアプリなので、画質は間違いありません。

さらに、PDFの生みの親であるAdobeからのアプリということもあり、汎用性の高いPDFに変換が可能になっています。

OCRの識字率も非常によく、精度の高いOCRが可能になっています。

「Adobe Scan」は、アプリを起動するだけで、文書を自動的に検知して取り込みができます。

(左:自動スキャン中 /右:スキャン完了)

スキャンされたファイルは、Adobe Document CloudにPDFとして保存されます。(Adobe Document Cloudを利用するためには無料登録が必要です)
Box、Dropbox、OneDriveなどのクラウドサービスを利用していれば、PDFの保存先をそこに変更することも可能です。

この時点で既にOCR処理されたPDFができているという、なんともスピィーディーな処理が可能なアプリです。

(左:スキャンデータ保存画面/右:Acrobatで読み込むとOCR処理されている)

Adobe Document Cloudに保存されたPDFは、別のアプリでも開くことが可能です。

画質・OCRの精度・使い易さなど、どれも文句のないクオリティーです。
これが全て無料で使えるというのは幸せなことです。
唯一面倒なのはAdobe IDを取得しないと使えないことくらいでしょうか。

Adobe Scan

Adobe Scan

Adobe無料posted withアプリーチ

Microsoftの力作!無料OCRスキャンアプリ「Office Lens」

こちらも無料のOCR機能付きスキャンアプリ「Office Lens(オフィスレンズ)」です。
Microsoftが出しているアプリだけあってOfficeとの連携の良さが魅力です。

使い方はAdobe Scanと同じような感じです。
自動撮影はないので、撮影ボタンをタップでスキャンされます。
もちろん四隅を認識して補正も自動でかけてくれます。

(左:スキャン中 /右:多彩なエクスポート先)

Office Lens(オフィスレンズ)では、撮影したデータは、PDFやJpegそしてWord、OneNote、PowerPointなどに出力が可能です。

画像の保存先とファイル形式

(エクスポート先- ファイル形式 – ファイルの保存先)

  • OneNote – OneDriveのノート – 指定したノート
  • OneDrive – JPEGファイル – OneDriveの画像フォルダ
  • Word – DOCXファイル – OneDriveのドキュメント/Office Lensフォルダ
  • PowerPoint – PPTXファイル – OneDriveのドキュメント/Office Lensフォルダ
  • イマーシブリーダー– テキスト – イマーシブリーダー(音声読み上げ)
  • PDF – PDFファイル – OneDriveのドキュメント/Office Lensフォルダ
  • メール– JPEGファイル – メールとして送信する
  • 写真ライブラリ– JPEGファイル – カメラロール

その他のEverNote やDropBoxなどのアプリで開くこともできます。

この中で、個人的にこのアプリ最大の魅力と思っているのが、word形式での保存とイマーシブリーダーです。

(左:Wordで読み込んだ画面 /右:イマーシブリーダでの読み上げ画面)

wordでエクスポートすると、OCRで認識したテキストと元の画像が読み込まれたword文書ができます。
レイアウトも近い形に成形されているので、使い方によってはとても便利なファイル形式ではないかと思います。

また、イマーシブリーダーというのは、OCRで認識されたテキストを読み上げてくれる機能です。
最初に書いた通り、私はスマホの読み上げ機能を活用しているため、とてもありがたい機能です。
文字を読みやすくしてくれるので、そのままでも十分聴きやすいですし、何度も聞くような場合は、そのテキストを全文コピーして、「VoiceDream」というテキスト読み上げアプリで聴くようにしています。

Office Lens(オフィスレンズ)」も無料とは思えないクオリティーのアプリに仕上がっています。
仕事でofficeとの連携が重要という場合には活躍してくれるスキャンアプリです。

Office Lens

Office Lens

Microsoft Corporation無料posted withアプリーチ

高品質なOCR機能付きスキャンアプリなら「CamScanner」(一部有料)

CamScanner」は正直すごく便利なアプリです。
私がメインで使っているスキャンアプリです。

アプリ自体は無料でダウンロードできますので、スキャンの精度や基本的な機能の確認はできるかと思います。
無料版ではPDFに透かしが入ったり、OCRが保存できなかったり、広告が入ったりという制限がかかります。

残念なことに、iPhone版は最近の仕様変更で買い切りタイプの有料版が無くなってしまい、月額課金(600円/月、6000円/年)となってしまいました。

私は月額課金となる前に購入していたので、有料版というアカウントで利用しています。(そのため上記の制限はかかっていません)

現在は月額課金の高級アカウントというものだけになっているようです。(私は高級アカウントは購入していません)

スキャンアプリに毎月600円も出すつもりはない・・・という方も多いかもしれません。
ですので、ここではスキャンアプリを徹底的に使いこなし、ビジネスの効率化を図りたい!と考えている方に向けての記事となりますので、ご了承ください。

CamScanner」は機能的には抜群に優れています。
スキャンされたPDFの画質も非常に高く、OCR機能もかなり良くなっています。

(左:スキャン時の自動補正もバッチリ/右:スキャン画像はなかなか良好)

正直、枚数が少ない文書や複合機にセットしにくい書類などはこのアプリで十分かなと思っています。
仕事柄、A2版の設計図などをスキャンすることもあるのですが、このアプリで一発でスキャンできてしまうので非常に便利です。
OCRに関しては、認識したテキストデータを元の画像を見ながら編集することもできます。
驚くことに、英訳もアプリ上でできてしまいます。

(左:OCRテキストの編集も可能 /右:なんと英訳もできてしまう)

DropBox,EverNoteなどの各種クラウドサービスとの連携もバッチリです。

時代の流れなのか、月額課金になってしまったのは非常に残念ですが、ビジネスの効率化にも十分貢献できるクオリティーを持ったアプリではないかと思っています。

無料版でそれだけの価値を感じられる方は、月額課金で「CamScanner」機能をフルに使うことをお勧めします。

CamScanner

CamScanner

INTSIG Information Co.,Ltd無料posted withアプリーチ

 

OCR機能を備えたスキャンアプリは、仕事をスマートにこなすためには欠かせないものとなってきています。
紙の文書があっという間に電子テキストデータになる便利さは計り知れません。
「CamScanner」はOCR機能を活用するためには有料となりますので、無料で便利にスキャンアプリを使いたい!という方は「Adobe Scan」「Office Lens」を試して見てください。
個人的にはofficeとの連携が超便利な「Office Lens(オフィスレンズ)」を最初に試してみると良いのではないかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました